カナダのサンタへ手紙を書く!

カナダのサンタへ手紙を書く!

ハナです。

今年も恒例の「サンタへの手紙」書きました!

世の中いろいろサンタへの手紙ってありますが、我が家がやっているのは「カナダ!」なぜ?カナダ?って感じですが、カナダ最高です☺︎

 

カナダのサンタ?

そもそもサンタクロースが住んでるのはノースポール(北極)説が多いと思います。

カナダでも同じだそうで、赤い服に白いおひげのサンタクロースはノースポールに住んでいる。とされているようです。

では、なんでカナダに?

これは勝手な解釈ですが、カナダ郵便局がノースポールに届けてくれるって事だと思ってます。

住所はちゃんとNorth Poleってなっているので☺︎

後で住所は書いておきます。

このカナダのサンタさん、手紙を送ると[無料]で返事が来るんです!

しかも必ず手書きで一言添えて。

しかもしかも送った手紙と同じ言語で返事が来る!

我が家は毎年英語で書くようにしています。年々長女も文章がつくれるようになったり、スペルがわかりようになったりと、この手紙を見るだけで成長を感じます。

今年の長女の手紙。水彩色鉛筆が欲しいそうです
絵も送ります。
次女も描きます。

 

 

サンタクロースから手紙が届く!

上にも書きましたが、日本語なら日本語で返事。英語なら英語で返事が届きます。

こんな感じです!

基本は印刷ですが、この印刷の文面も姉妹で同じものが届いた事は今のところありません。

最後の一言も必ず書いてくれるんです!

これで無料!

世の中いっぱいこういうシステムありますがだいたい¥1500〜¥2500くらいします。もちろんそちらのお手紙も綺麗で素敵なんですが、私はこのカナダ郵便局がこどもたちの夢を大切にしてくれてる感じがすごく好きで、カナダ郵便局を知ってからはずっと毎年ここに送り続けています。

 

Canada post official

夢に溢れてる!

 

サンタへ手紙を書こう!

11月初めから半ば(毎年締め切りがある)にカナダ着になるように手紙を書くとクリスマスまでに返事が来ます。

今からだとちょっと遅いですね…。

①日本語でも英語でも好きな言語や絵で手紙を書く。

※封筒と中身が別になっても大丈夫なように、手紙本体の方にも自分の名前と住所を記載すると間違いありません。

②封筒に住所を書く

封筒の左上に自分の名前と住所
※日本国内に送るときとは各順序が違うので注意

真ん中にサンタの住所を書く

To Santa Claus

North Pole

HOH OHO

CANADA

 

『AIRMAIL 』と記載を忘れずに!

③近所の郵便局へ行って「エアメールでカナダまで」という。

そうすると重さを測って切手を貼ってくれます。

確か¥110くらいです!

(返信用切手いりません)

④あとはクリスマスまで楽しみに待ちます❤︎

早いと12月初め頃には届くことも!

⑤家族でサンタからの手紙を楽しむ!

 

こんな感じです☺︎

我が家は忘れると嫌なのでハロウィンの時期にもう手紙を書いて、11月に入ったらすぐに出すようにしています。

今年も手紙が来るのが楽しみ!

クリスマスが楽しみ!

 

みんながHappyなクリスマスを迎えられますように⭐︎